natural-tree グラノーラ大好き♪日記

安心おいしいグラノーラのお店、natural-treeの店主kiyomamaが、
グラノーラへの愛☆や、お店の運営について語ります♪
こんにちは、kiyomamaです。

今日はちょっと思いついて、こんなおやつを作ってみました♪
名付けて、「バナナのココアソテー、グラノーラトッピング」!…かな?(笑)




1.まず、ココアパウダーをふるっておき、大体同量の砂糖、塩ちょっびり混ぜておきます。

2.バナナを適当にカットして、フライパンでソテー。

3.全体がざっと温まったら、作っておいたココアをふりかけ、強火で強気にソテー!

4.器に盛り、お好きなグラノーラをトッピング♪

ここでは、オイルは菜種油、バナナはグリーンコープ、ココアはオーガニック、砂糖は粗精糖、塩はピンクソルト。
グラノーラはアガベをトッピングしました。

あつあつを有機紅茶でいただきます♪

…美味しかったです〜ラブ

我が家は乳製品アレルギーの子がいるので菜種油で作りましたが、大丈夫ならバターを使うともっともっと美味しくなると思いますぴかぴか

ぜひお試しくださいね♪

(ちなみにボウルは大好きなオールドパイレックスのスノーフレイク。このキーワードで画像検索かけたら、好きすぎて脳がショートしそうです…
あせあせ)
新年あけましておめでとうございます。

2014年1月1日。
今日の広島は、明るく晴れて暖かく、とてもよいお正月でした。

昨年は、ずっと夢だったグラノーラ屋さんをやっとオープンさせることができた、記念の年となりました。

広島に避難してきてからずっと、避難者さんの集まりに出る機会があまりなかったのですが、お店のオープンと同時に少しずつ避難者の方とお話しできる機会が増えてきました。
避難者さんだけじゃなく、新しいお知り合いが少しずつ増えて、そしてみなさん素敵な方ばかりで、そのご縁がとてもうれしい年末でした。

広島に引っ越してきた2011年の年末。
周りに誰も知った人がいなかった、あの心細さを思うとなんだか夢のようです。

◇◆◇◆◇

今年はグラノーラ屋さんとしてやりたいことが山のようにあります。
ひみつの企画が私の心の中に目白押しです(笑)。
ただ、今のところは基本私ひとりで運営していますので、何をするにも亀の歩みだと思います。

こつこつ丁寧に準備して少しずつ仕上げてゆきますので、お楽しみにお待ちいただければ幸いです。

◇◆◇◆◇

昨日の12月31日も今日の1月1日も、ありがたいことにお仕事をすることができました。
年末年始に!?って驚かれる方がいらっしゃるかも…?
でも、私はもともと倉敷の和菓子屋で生まれ育って、学校を出た後も実家の手伝いを結構長くしていました。
倉敷は観光地ですし、地元のお客様もいらっしゃるので、年越しはお仕事で忙しいのが普通でした。

だから昨日も普通にグラノーラを焼いて、晩御飯に天ぷら揚げて蕎麦ゆでて、おせち仕上げたら仕事に戻って棚卸し。終わったら厨房の大掃除。全部終わるのは結構遅い時間でバタンキュー。そして元旦、お雑煮を食べたらやっぱりお仕事…

なんだか、実家にいたころとおんなじだ〜って、おかしかったですおてんき
(あっでも、メールのお返事などの業務は1月6日からとさせていただいています☆)


栗きんとん

2014年最初のグラノーラ画像は、今日焼いたばかりのシナモンジンジャー!
お正月らしく栗きんとんにトッピングしてみました♪
岡山県産のさつまいもをトロットロに仕上げて、山口県産の栗は微かにバニラエクストラクトを利かせてあります。これが、シナモンジンジャーとの相性が最高!でした♪
(今思いついたけど、レモンも合うかも!もう遅い時間だから、明日の朝ごはんにやってみよう〜!)

ぜひお試しくださいね。
きんとんは、柔らかめのほうが合うかなと思います♪

今年のイベント出店は、1月5日の「おのみち家族の台所」から!
きっと寒いと思いますので、暖かくしてお出かけください。
ただ、そのあとはしばらく予定がまだ決まっていないので、決まり次第お知らせいたしますね。

ではでは!
今年も「安心おいしいグラノーラのお店 natural-tree」をどうぞよろしくお願いいたしますラブ
こんにちは、kiyomamaです。

先日こんなものを描いてみました。
 
オーバーナイトグラノーラ
 
















(クリックしても拡大しません。ちょっと読みづらいかな…)

natural-treeグラノーラの美味しい食べ方、イチオシ!の、「オーバーナイトグラノーラ」の作り方です♪

グラノーラをグラスかカップに2-3センチくらい入れ(ブルーアガベかシナモンジンジャーがおすすめ!)、同じくらいのプレーンヨーグルト(生乳100%のものがやはりおいしいです)をかぶせて、ラップなしで冷蔵庫で一晩寝かせます。すると…あら不思議!なんだか全く別物の美味しさに変化するのです。

グラノーラにはヨーグルトの水分が蜜みたいに絡み付いて、しっとりラブ
ヨーグルトは水分が程よく抜けて、グラノーラの甘みが移ってチーズケーキみたいに!?

もともと、「オーバーナイトミューズリー」という言葉はあるみたいです。
ミューズリーというのはグラノーラとよく似たシリアルの仲間で、これはまたいずれ別の機会に記事にしますね。
このミューズリーにヨーグルトやミルクをかけて一晩おいたものが「オーバーナイトミューズリー」。
ただ、グラノーラにヨーグルトをかけて一晩おいて「オーバーナイトグラノーラで!」という記述は、私がこの食べ方に気が付いてハマった当時(2008年生まれの下の子が0歳のころのママ友さんにお教えしたりしていたので、その少し前ってことで2006年頃からかなぁ?)、ずいぶんネットでも探してみましたが見つかりませんでした。

だから、「オーバーナイトグラノーラ」って食べ方をお勧めするのは、日本のグラノーラ屋さんの中ではnatural-treeが初めてかも…!?
(あっ、でももしどこかで、もっと早くから「オーバーナイトグラノーラ」って記述を見かけたことがありましたら、ぜひ教えてくださいね!)

なおこのオーバーナイトグラノーラ、出来上がった時にはヨーグルトが沈んで、カップの内側に白く乾いた跡が残ります。
そのまま食べても美味しいんだけれど、ちょっとお客様に出したい…とか、ちょっぴりキアイ入れるおやつにしたい…なんてときは、さらにヨーグルトやフルーツを乗っけると、簡単にゴージャス&ヘルシーなパフェが出来上がります♪

完成













↑こんな感じ♪
このパフェは、上から順に
・有機サクランボの甘煮(イタリアだったかな)と広島県産高野リンゴのコロコロ煮、アオハタミックスジャム
・イージーヨーヨーグルト
・九州産豆乳と、九州卵、粗精糖のカスタード
・アルゼンチンのはちみつ
・イージーヨーヨーグルト
・natural-treeグラノーラ シナモンジンジャー

…という、ラインナップです。
今日はクリームを作ったりリンゴを煮たり、いよいよ盛り付けを始めたら子供たちがもう大変な盛り上がりようで、「いつ食べていいの?もう食べていいの!?」と、目をキラキラさせるなかでの大変な撮影になりました。

子供たちが冬休みで毎日うちにいるので、可愛くてにぎやかですがお仕事はなかなかはかどりませんね(笑)。

本当は年末までにギフトセットを作って、今日みたいな記事もいくつもアップして、お正月休みにグラノーラをゆっくり楽しんでいただけたらと思っていましたが、全然間に合いませんでしたあせあせ
でもまぁ、私なりのペースでこつこつとグラノーラの美味しさなどをお伝えしていければいいかなって思っています。

ではでは〜!
 
| 1/1PAGES |