natural-tree グラノーラ大好き♪日記

安心おいしいグラノーラのお店、natural-treeの店主kiyomamaが、
グラノーラへの愛☆や、お店の運営について語ります♪
こんにちは、kiyomamaです。

広島は久しぶりに雪が降りました。昼ごろには溶けてしまいましたが、結構な寒さ…皆様、お風邪などひいていらっしゃらないでしょうか。

さて、前にブログで紹介いたしました「飲食セーフティーネットワーク」さん。
こちらのサイトに、「安心おいしいグラノーラのお店 natural-tree」が正式に登録していただけました♪

「飲食セーフティーネットワーク」

登録店舗のアイウエオ順一覧を見ると、…なんと、うちのお店がリストの一番最初にっっあせあせ

これ、うちのお店の名前が「あ」から始まってるからなんですが、なんだか申し訳ない気持ちでいっぱいになってしまう、気弱な私ですあせあせあせあせ

そして、メッセージ…前回ここに転載した、シンポジウムのご挨拶とだいたい同じですので、ここでは割愛しますがやっぱりお恥ずかしいですね…

今日のブログでは、なぜ私が自分のことを「普通の主婦です」「倉敷の老舗和菓子屋出身です」と何度も書くのか、そのあたりをちょっとだけ書いておこうかなと思います。

実際、私には食品関係の学歴も職歴も本当にありません。
グラノーラの本場アメリカに行ったこともないし、お菓子屋さんで修行したこともないし、ただただ食いしん坊で、自分が美味しいグラノーラを食べたくて作り続けてきただけのお母さんです。

(あっ、そういえば大学時代にケーキ屋さんの厨房バイトの経験だけはありました。その時は頑張って、最後にはプリンだけはゼロから焼きまで、販売用のものを任せてもらえるくらいにはなりました。でも、それももう20年以上前のことです…)

もし、グラノーラを買ってくださるお客様に、その点で誤解があったら申し訳ないなぁと思ったのがひとつ。

それから、やっぱり私は避難者だから、「全然特別じゃない普通のお母さんでも、自分にできることに全力で取り組めば、道はきっと開けるよ!」と、自分で証明したいのです。(今はまだまだ道半ばですが)

そのうえで、和菓子屋出身です、とお伝えするのは、何よりも衛生面で信頼していただけたらよいなぁと考えるからです。
だって、「しろうとのお母さんが作ったお菓子!大丈夫?」って思う方がいらっしゃっても不思議はありませんから…。

実家の父はすでに故人ですが、衛生管理にとても気を使っていました。といっても薬品にはほとんど頼らず、熱消毒した布巾だけで、厨房(実家では工場-こうば-と呼んでいます)をピカピカにしていました。

たまに、保健所が検査に来ます。工場の冷蔵庫の中をふき取り検査して、菌がどのくらい出るか調べたりするのです。
(今もそういう検査はあるのかな?私はオープン間もないのでまだよくわかりませんが)
そして、届いた検査結果用紙には、ほとんど菌が検出されていなかったり、するのです。

父は「こういう検査結果用紙が、どんな賞状より価値があるんだ」と、ちょっと得意そうな顔で、用紙をそのままお店のウインドウの一番目立つ場所に張り出すような人でした(笑)。

そんな父を間近に見て育ちましたので、食品の衛生管理は合格点がいただけるレベルではないかなと思います。
(…というか、私のキレイ好きは偏執的レベルかも…です…あせあせ )

和菓子屋出身です、とお話しすることで、そのあたりのニュアンスが伝わるとよいのですが。

おてんき

さて、これだけではなんですので、本日のグラノーラ!





先日、「うみかぜ草園」さん(こちらも避難者さんだそうです!)の、無人島・自然農のネーブルを入手しましたので、その皮と有機砂糖でピールを作りました。毎日少しずつ糖度を上げていくレシピ。と、書くとなんだかとっても大変そうですが、下ゆでした皮を刻んでガラスの鍋に入れ、毎日お砂糖を足しては煮て、あとはほっとくだけですので超絶簡単ピールです(笑)。

そのピールをココアグラノーラにトッピング♪さらに木次牛乳を温めて注いだら、
…もう、極上のスイーツの出来上がりですっラブ

私はチョコと柑橘の味のハーモニーが本当に大好きで…ラブ

今の季節の広島は、ちょっと気を付けていれば割と簡単・安価に無農薬の柑橘が手に入るので、時間のゆるす限り作っておかなくては!なんて思っています♪すでに冷蔵庫には伊予柑が待機中だったり…(笑)。

ではでは。今日は、この辺りで☆


2014/02/09 (日) 02:05 | natural-tree
- | comments(0)
同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする